アルプスのスキー場内にある山小屋で3泊4日! 

ASOBO! アルプススキー合宿

お申し込みは5月中旬まで! 


お知らせ


4月24日更新

そば打ち体験会@そば庵さん実施しました

22日にそば庵さんにて20人の方が体験会に参加、大人も子どもも初めての体験にワクワク、職人さんに優しく教えていただきました。詳しくはこちらをご覧ください。

そろばん教室に新しい先生が加わりました

昨日から新しくゆうか先生が入ってくださいました。ゆうか先生は日本でそろばんをずっとされてきたのでその技術に子どもたちも口ぽかーん。

遊びのときは楽しく、そろばんのときはキリっとメリハリをきかせて子どもたちを引っ張ってくれる頼もしい先生です。今後ともよろしくお願いします!

4月19日更新

ドイツ語クラス「ドイツの暮らし」20日(金)スタート!

明日、20日より始まります。(金曜9:30~11:00)

今回のテーマは「病気になった時、薬のこと」困ったときに役に立つ表現。まだ若干名参加できます。お申込みはこちら

そろばん教室に新しい先生が加わりました

昨日から新しくゆうか先生が入ってくださいました。ゆうか先生は日本でそろばんをずっとされてきたのでその技術に子どもたちも口ぽかーん。

遊びのときは楽しく、そろばんのときはキリっとメリハリをきかせて子どもたちを引っ張ってくれる頼もしい先生です。今後ともよろしくお願いします!

4月18日更新

難民施設にて そろばん&遊び

先週遊んだのが楽しかったようで待っててくれた子たちとカプラで楽しんだ後にそろばんや暗算のビデオを見せたら目をまん丸にして「なんじゃこりゃ?」と食い入るように見ていました。ここでのそろばん指導はかなり難しさを感じていますが、工夫を重ねて誰もがそろばんを楽しみ上達できるようにしていきたいと思います。

4月12日更新

オンラインで学ぶひらがな・漢字・にほんご

海外で育つ子どもたちが気軽に楽しく、遊びとして日本語を学べるようなオンライン学習の可能性をさぐるため、日本で指導されているてるみ先生にZoomを利用した授業についてにお話をうかがいます。ご報告をお楽しみに!

興味のある方はwatashi.ddf@gmail.comまでお問い合わせください。

Begegnungscafeに参加しました

今回はミニおにぎりを持参で。イランから来られた家族とアフガニスタンから来た男性とお話。日本はナンバー1だと言ってくれます。嬉しいですね。ドイツ語はまだまだ難しいようで習得にとても苦労しているようです。イランでは英語を学校で教えないからよくない、と漏らしてました。アラビア語とペルシャ語が飛び交う中、お互いになんとかわかりあおうとがんばりました。


4月11日更新

難民居住施設にカプラ1000ピースを寄付&遊んできました

会員の方からカプラ1000ピースを寄贈いただき、難民の方の居住施設への寄付も快諾してくださったので、早速カプラを運び込んで遊び方も教えてきました。初めてのカプラに一瞬戸惑うも一緒に作り始めると夢中に。さっきまでのうるささ、落ち着きなさはどこへやら、ものすごい集中力であっという間に背よりも高い見事なタワーが完成しました。

そば打ち体験会

定員いっぱいになり締め切りとなりました。今後のお申し込みはキャンセル待ちとなります。詳細はこちら

ドイツ語クラス「ドイツの暮らし」

始まります。テーマ「病気になった時、薬のこと」あと若干名空きがあります。お申込みはこちら


4月6日更新

そろばん検定試験実施しました

そろばん教室の春期講習で検定試験を行いました。練習の成果を発揮できた子もいれば、本番はいつもの力を出せなかった子もいます。どちらもよい経験なんだよ、頑張ったね!


4月5日更新

難民施設にてBegegnungscafeに参加

近所の難民居住施設、Unterkunft Oberlöricker Straßeにて毎週水曜日の17時~19時に開かれているカフェに参加しました。今後も継続的に参加予定です。

特別何かがあるわけではなく、20人ほどがめいめい自由に座っておしゃべりする、それだけの時間です。クルドからのファミリーとの話が楽しく、子どもたちとも遊んでいるうちにすぐに2時間が過ぎてしまいました。

戦争の為に文字の読み書きを覚えることができないまま大人になってしまった方や若者が多く、ドイツ語の習得がその意味でも困難な方が多いとのこと。

来週はおにぎりをみなさんに持っていこうと思っています。

興味のある方はお知らせください。

また、施設では、ある程度継続的に来てくれたり何かのクラスなどをしてくださるボランティアの方を歓迎しています。 


4月5日更新

笑顔でいっぱいのそろばん教室春期講習

そろばんが初めての子も、いつも練習している子も、幼稚園生から小学生、中学生までたくさん参加してくれています。真剣モードと楽しいモードを切り替えながら毎日笑顔がいっぱいです。俊介先生、せいか先生、ありさ先生、えりか先生のもと、そろばんも遊びも全力投球する子どもたちの姿が素敵でした。

難民施設でのボランティア

4月より、Lörickの難民施設でボランティア活動としてそろばん指導と遊びの活動を行うことになりました。お手伝いいただける方、大歓迎です。

  


1月8日更新

 

①海外在住のこどものことばを育む取り組み

早稲田大学大学院日本語教育学科川上郁雄研究室との共同プロジェクトが始まります。

昨年3月に来独され、教育懇談会― 海外で育つ子どものことばの力 ―を行っていただいた川上郁雄先生の研究室と共同でのプロジェクトが発足することとなりました。プロジェクトに興味がある、一緒に活動していきたい方はぜひご連絡ください。watashi.ddf@gmail.com

昨年3月の教育懇談会の様子はこちら 川上郁雄先生教育懇談会

 

②2月3日のWinterbergスキーツアーへのお申込み締め切りが近づいてきました

お申込みはお早めに!

現在積雪も十分、リフトも13基動いています。思いっきり楽しみましょう!

お申し込みはこちら https://asobo.de/ski-2/

 

③興味のあるテーマで学ぶドイツ語~ドイツの暮らし 2月クラス受付中です。

 1テーマ/5回ずつの申し込みができます。

詳細はこちら https://watashi-de.jimdo.com/ドイツ語/ドイツの暮らし

 

④そろばん教室・新年度始まりました。体験、入会受け付けています。

詳細はこちら https://watashi-de.jimdo.com/そろばん/


 

  2018年活動予定

 

2017年を振り返って

 

いただいた支援・ご協力

・活動の趣旨にご賛同いただき、当地だけでなく日本からもご寄付をいただきました。

・作文、音感はぐくみ、漢字の寺子屋など各先生方に子どもたちに素晴らしい機会を提供していただきました。

・国際そろばん普及協会よりそろばんほか文具等を寄贈いただきました。

・そろばん教室USAにご支援いただいています。

・ドイツ人のボランティアの方がゲストとしていらして、会員が安心してドイツ語の会話にチャレンジする機会を提供してくださいました。

 

この場を借りて改めて深く御礼申し上げます。

 

 

 

ドイツ社会との接点

~ドイツ語での会話に積極的になった~

テーマで学ぶドイツ語~ドイツの暮らし受講生と地元のドイツ人のゲストとの交流は毎回とても楽しいものになっています。また、クラスで学び練習したことが実生活で役立ち、もっとドイツ語で会話をしたいという自信と意欲が高まったという嬉しい会員からの声をいただきました。

 

難民施設訪問

ローリックにできた難民施設を訪問、折り紙や日本の文字、そろばんなどのアクティビティをシリアやアフガニスタンの子どもたちと行いました。中学生、高校生がボランティアとして参加してくれ、楽しい時間を過ごしました。

 

ドイツ人への和食文化の紹介

日本の家庭での食文化についての紹介を行いました。ごくごく基本的なことがらを紹介し、日本人以外の方でも自宅で気軽に日本食を楽しめるようにとのコンセプトが、ドイツ人会員の方々には新鮮で、興味深かったようで次回も楽しみ、と言っていただけました。

 

 

市のフェストへの参加

Krefeld市で行われるファミリーフェストに参加、折り紙やそろばんといったアクティビティを通じて地元の子どもたちとの交流を行いました。中学生、高校生、大学生もボランティアとして参加してくれ、笑顔にあふれた1日となりました。

 

VHSの協力

デュッセルドルフのVHSで大人対象のそろばんのワークショップを3回行いました。

ドイツでもそろばんに関心を持つ方は多く、ボーフムなど遠くの町からいらした方も。

みなさん夢中でそろばんを打ち、新鮮な感覚を楽しんでいました。

そろばんがドイツの算数教育に新しい風をもたらすことができるよう、引き続き活動していきます。

 

 

子どもたちの成長に

ことばの成長

3月に早稲田大学の川上郁雄先生を迎えて教育懇談会を開催しました。多くの方が聴講され、興味関心の高さがうかがえました。2018年は具体的にプロジェクトをスタートさせていく予定です。興味のある方はご連絡ください。

 

そろばんを通じた子どもたちの成長

春休み、夏休みからそろばん教室に通う子どもたちが増えて60名ほどになりました。異年齢の子どもたちが肩をならべてそろばんを打ち、合間に色んな話で大笑いし、公園でみんなで遊んで、とそろばんはもちろんそれ以外の面でも大きな成長を見せてくれました。

 

なかなか友達としゃべれなかった子が溶け込めるようになったり、壁にぶつかって一度はやめたくなった子が壁を乗り越えてもっとそろばんが大好きになったりと一人一人それぞれの成長がありました。

 

漢字の寺子屋

8月に漢字の寺子屋認定講師の坂井輝美先生によるワークショップを開催いたしました。

2018年も連携を取りながら子どもたちのことばの成長につながる活動をしていきます。

 

コミュニティWatashiはみなさまのあたたかいご支援・ご協力のもと2018年も活発に活動の輪を広げていきます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

コミュニティWatashi