「こどもと出会う」 子育てセミナー1 レポート

土曜日に西岡先生による子育てセミナー1 「こどもと出会う」が開催されました。

 

今回はお話を聴くばかりではなく、体を動かして体験するワークショップが前半、

そして後半にそれぞれ感じたことをもとに子育てについての悩みや考えていることを

共有して何かを発見するという貴重な時間となりました。

 

西岡先生のFacebookでのコメント

 

 

導入:なぜ「出会う」なのか。

この「出会う」ということ、言葉に大切な意味が込められていました。

こどものことを「見る」のでは一方通行。「出会う」は双方向。

 

前半は参加者が2人ずつペアになって体を動かして感じる体験。

目をつぶると今まで感じなかった音やにおい、空気を感じます。

「こどもは全身ですべてを感じているんです。」

 部屋の中での簡単なエクササイズでは、感覚が敏感になり、

不安、安心、喜び、心地よさ、さまざまなことを感じます。 

 

次は、タイトルそのままの「出会う」エクササイズ。

これが楽しいのです。

 

 そして振り返り。

今感じたことを共有しながら、こどもってこうやって感じているのか~と納得したり、

相手や自分だけを見てばかりいる自分に気付かされ、全体を意識することで

とても自然に動けたり、出会えたり。

頭だけで考えているのと違い、体で感じると色々なことが全体として

一気にストンとわかるものなんですね。

 

これは体験してみないことにはどれだけ言葉を重ねてもわかりません。

後半は参加者の方の悩みを聴いたり話したり。話しているうちに前半の

体験が実際の子育てとつながって、また「なるほど!」

 

 参加者の中には、最初重~い表情でこちらが心配してしまうほどの方も

いましたが、前半の体験の中でみるみる表情が明るくなり、帰る頃には

生き生きとした顔に。他のみなさんも同様にセミナーの間の変化にはびっくりでした。